ダッシュボードの作成

ダッシュボードは複数のグラフを1度に表示する機能で、1つのグラフを操作すると他のビューも連動して変化します。ダッシュボードにはグラフの他、テキスト、スライサー、画像を表示できます。

事前準備

本チュートリアルで使用するグラフをあらかじめ作成する必要があります。以下のページを参照してグラフを作成してください。

製品へのログイン

DragonFly BIクラウドサイトにログインするには、アカウントをアクティベートする必要があります。アクティベートの方法は以下のページをご参照ください。

ユーザーアカウントのアクティベート

DragonFly BIにログインすると、ドキュメントマネージャが開きます。ドキュメントマネージャはDragonFly BIのホーム画面となります。

ここでは、DragonFly BIと接続したデータ、作成したデータセット、ダッシュボードのすべてを確認できます。

ダッシュボードの作成

1. ドキュメントマネージャでダッシュボードの[新規作成]ボタンをクリックします。

2. ダッシュボードに任意の名前を設定することができます。画面上部の「新しいダッシュボード」をクリックし、ここでは「チュートリアル」と入力します。

3. [データセットの選択]の右のドロップダウンボタンをクリックし、Northwindを選択します。

 4. 事前準備のチュートリアルを参考に棒グラフ折れ線グラフ複合グラフを作成します。[グラフ シナリオの追加]ボタンをクリックすることで、新しいグラフを作成することができます。

5. [デザイン]タブをクリックするとダッシュボードをデザインするためのページが表示されます。

6. 棒グラフをページにドラッグします。

7. 棒グラフの枠線の四隅と中央にあるハンドルをドラッグしてサイズを変更します。

8. 同様に折れ線グラフ、複合グラフも以下のように配置します。

9. 以上でダッシュボードの準備が整いました。[プレビュー]ボタンをクリックすることでダッシュボードのページが表示されます。

10. 折れ線グラフの「France」をクリックして選択します。

11. 他のグラフも連動し、出荷国「France」で絞り込まれたグラフが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください