スプレッドシートの作成

本チュートリアルでは、ダッシュボードで使用するスプレッドシートの作成を行います。DragonFly BIのスプレッドシートは、データ接続の有無にかかわらず「セル」を最小単位とした自由なレイアウトの表を作成できます。ここではスプレッドシートにデータを表示する3つの方法を紹介します。

事前準備

本チュートリアルで使用するデータセットをあらかじめ作成する必要があります。以下のページを参照してデータセットを作成してください。

データ接続の基本

製品へのログイン

DragonFly BIクラウドサイトにログインするには、アカウントをアクティベートする必要があります。アクティベートの方法は以下のページをご参照ください。

ユーザーアカウントのアクティベート

DragonFly BIにログインすると、ドキュメントマネージャが開きます。ドキュメントマネージャはDragonFly BIのホーム画面となります。

ここでは、DragonFly BIと接続したデータ、作成したデータセット、ダッシュボードのすべてを確認できます。

クリップボードのデータの貼り付け

1. ドキュメントマネージャでダッシュボードの[新規作成]ボタンをクリックします。

2. [スプレッドシート シナリオの追加]ボタンをクリックすることで、スプレッドシートを作成することができます。

3. スプレッドシート上で[Ctrl + v]キーを押下することで、クリップボードのデータが貼り付けられます。ここでは、dragonfly_sample.xlsxのデータを貼り付けています。

Excelファイルのインポート

1. [Excelファイルのインポート]ボタンをクリックします。ここでは、dragonfly_sample.xlsxをインポートします。

2. Excelファイルがインポートされます。

ピボットテーブル

1. スプレッドシート上の任意のセルでマウスの右ボタンをクリックして表示されるコンテキストメニューで[ピボットテーブルの挿入]を選択します。

2. [データセット]に「Northwind」、[挿入位置]に「$A$1」を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

3. 「在庫数」を[値]にドラッグします。

4. 「注文日」を展開し、年を[軸]にドラッグします。

5. 「製品名」を[行]にドラッグします。

6. 製品名ごとに年度別の在庫数を集計したピボットテーブルが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください