クロス集計済みのExcelファイルをレコード形式にしたい

DragonFly BIのデータ接続で使用するExcelファイルはレコード形式になっている必要があります。
クロス集計済みデータのレコード形式への展開は、ExcelのPower Query機能を使用して行うことができます。
Power Queryの機能は、Excel 2016であればデータタブで標準機能として提供されており、Excel 2013、Excel 2010 Professional Plus (企業向けライセンス)の場合はMicrosoftのダウンロードセンターからMicrosoft Power Query for Excelをダウンロード、インストールして利用することができます。

■Microsoft Power Query for Excel
<https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39379>

以下にExcel 2016を使用して下記のクロス集計済みデータをレコード形式に変換する手順を示します。

1.初めに、レコード形式に変換するために必要なテーブルの範囲を別のシートにコピーします。

2. 貼り付けたデータ範囲内の左上のセルを選択し、Ctrl+Tまたは[挿入]タブの[テーブル]をクリックし、範囲をテーブルに変換します。

3. 変換したテーブルの左上のセルを選択し、[データ]タブの[テーブルから]をクリックします。この操作によりPower Queryのクエリエディター画面が開きます。

4. クエリエディター画面において、Shiftキーを押しながら「北海道」と「九州」の列名をクリックし、北海道から九州までの列を選択します。

5. [変換]タブの[列のピボット解除]をクリックします。

[ファイル]メニューから[閉じて読み込む]を選択し、クエリエディターを終了します。Excelの新しいシートに変換済みのデータが表示されます。必要に応じて列名を任意の名前に変更してください。

 

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください